トライアル雇用助成金

f3ee91c676342c78edd040ab61852af0
トライアル雇用助成金(試行雇用奨励金)とは職業経験、技能、知識等から就職が困難な特定の求職者層について、これらの者を一定期間試行雇用することにより、その適性や業務遂行可能性を見極め、求職者および求人者の相互理解を促進すること等を通じて、これらの者の早期就職の実現や雇用機会の創出を図ることを目的として支給される助成金です。

トライアル雇用奨励金の支給額

試行雇用労働者1人につき月額4万円支給されます(最長3ヶ月)。

試行雇用労働者が支給対象期間の途中で試行雇用労働者本人の都合により離職した場合や常用雇用へ移行した場合等であって、雇用期間が1ヶ月に満たない月がある場合は、その期間についての奨励金の額は、算定式により算出された額(月額4万円を限度とし、千円未満の端数は切り捨て)となります。

トライアル雇用助成金の要件

1 ハローワークに求職の申し込みをしている対象労働者を職安の紹介でトライアル雇用として雇用すること
2 雇用保険の適用事業主であること
3 トライアル雇用を開始した日の前日から起算して6ヶ月前の日からトライアル雇用終了までの間に事業主都合による解雇がないこと
4 労働保険の保険料を滞納していないこと
5 雇い入れた対象労働者を過去3年間に雇用していないこと
(1) 中高年齢者(45歳以上であって雇用保険受給資格者である者)
(2) 若年者(40歳未満)
(3) 母子家庭の母等
(4) 季節労働者
(5) 中国残留邦人等永住帰国者
(6) 障害者
(7) 日雇労働者
(8) ホームレス
(9) 住居喪失不安定就労者

(1)〜(5)の対象者については試行雇用後、期間の定めのない常用労働者へ移行することが前提となります。