男女同一賃金の原則(労働基準法4条)

使用者は、労働者が女性であることを理由として、賃金について、男性と差別的取扱いをしてはならない(労働基準法4条)

女性であることを理由として

この規定は職務、能率、技能、年齢、勤続年数等によって、男性と同一であるにもかかわらず女性であることを理由として賃金に差をつけることは禁止しています。したがって、職務、能率、技能等によって、労働者に賃金の差をつけることは禁止されていません。

女性労働者に対して、賃金以外の労働条件については労働基準法に規定がありません。ほかの差別的取り扱い禁止は男女雇用機会均等法に規定がいあります。またこの規定は不利に取り扱う場合のみならず有利に取り扱う場合も差別的取扱いに該当するため、女性であることを理由として男性よりも高い賃金を支払うことも法違反となります。