助成金は会社の健全化に役立つ

63caf0efbd202ab47524412ce28cf654
助成金をもらうためにはまずは雇用保険の適用事業所でなければなりません。
また申請しなければもらうことができません。

そのためには助成金の申請書類を作成したり添付書類を用意しなければなりません。
 添付書類の中には労働三帳簿と呼ばれる出勤簿(タイムカード)、賃金台帳、労働者名簿など会社になくてはならないものもあります。

今までそんな書類を会社内に備えていなくて助成金を申請するときに初めて用意する会社も多いです。

そんな書類作成しなければならなかったなんて知らなかった
労働者名簿って何?


など色々なことがありますが助成金を申請することによってその書類の重要性に気づいてくれる会社もあります。

助成金はこの書類すべてを揃えなければもらうことができません。

助成金は会社や従業員から集められた貴重な雇用保険を財源としています。そう簡単には助成金を支給するわけにはいかないのです。

助成金をもらうということは労務管理がしっかりしたところだといえます。

労務管理が健全になっていくとそこで働く従業員の環境がよくなって業績が向上します。
 業績が向上すると人を雇うことなりそこでもまた助成金の申請ができるようになります。

このように助成金をもらうということは会社を健全化しさらに会社を発展していくことになります。

助成金の申請に必要な書類の例

助成金の申請には不正を防止するためにたくさんの書類が必要になります。
労働者に関する書類
労働契約書(雇用契約書)
タイムカード(出勤簿)
賃金台帳(給与明細)
就業規則に関する書類
就業規則

助成金の無料診断しませんか?

1column_banner_joseikin1