助成金は利用しないと損

63caf0efbd202ab47524412ce28cf654
助成金は返済不要のお金で、助成金の要件に該当すれば必ずもらえるものです。もらった助成金は売上ではなくそのまま利益となります。

営業利益は売上から売上原価と販売費および一般管理費(人件費や水道光熱費など売上を上げるために必要な経費)の合計額を引くことによって求められます。その営業利益を売上で割ったのが営業利益率となります。

営業利益=売上-(売上原価+販売費および一般管理費)
営業利益率=営業利益÷売上

たとえば営業利益率が10%の会社が助成金100万円をもらったとすると

100万円÷10%=1,000万円

つまり助成金100万円をもらった場合には売上1,000万円に匹敵するということです。営業利益率が10%ではなく仮に5%の場合には売上2,000万円の売上に匹敵します。

これだけの売上を達成するにはどれだけ苦労しなければならないのか普段会社経営をされている事業主様はおわかりになると思います。

せっかく助成金の要件に該当しているのにどんな助成金に該当しているのか分からないとか申請方法が分からないとかいって助成金の申請をしないのはもったいないといえます。

自社の営業利益率を当てはめて計算してみよう

業種別の利益率の表です。

100万円の助成金をもらった場合には下のような計算式になります。

100万円÷業種別の利益率

建設業だと

100万円÷5.2%=約2,200万円

建設業だと100万円の助成金を受給すると売上2,200万円と同じです。
売上には敏感ですが助成金については関心ないと損をするということになります。
ソフトウェア業
19.7%
銀行業
17.2%
インターネット
11.0%
不動産業
7.4%
自動車
5.7%
建設業
5.2%
機械
4.4%

助成金の無料診断をしてみませんか?

1column_banner_joseikin1