社会保険労務士に依頼するメリット

労働保険・社会保険の手続き、就業規則の作成、助成金の申請など社会保険労務士が代行しなくても会社で時間と手間をかければ行うことができます。
しかし社会保険労務士に依頼することによって様々なメリットがあります。

1.迅速、正確に事務処理を行うことができる

6856a2c8
社会保険労務士に依頼するとコストが発生します。しかし社会保険労務士に依頼することによって労働保険・社会保険で分からないことについて調べる時間がなくなり、迅速に正確に事務処理を行うことができます。

2. 労務関係のコストを削減できる

労務関係の従業員を雇った場合にはその人に対する給料の他に社会保険料などの福利厚生費もかかります。しかし社会保険労務士に依頼すると従業員を雇うよりも安い金額で労働保険・社会保険の事務手続きを行うことができ、また給与計算を行うことができます。

3.最新の法律に対応できる

社会の変化により労働関係の法律や社会保険関係の法律は頻繁に改正されます。社会保険労務士に依頼することにより法律改正に迅速に対応できるため会社の被る不利益を防止したり会社にとって有用な情報を手に入れることができます。

4.本業の業務に専念できる

会社の労働保険・社会保険の手続きや給与計算などは会社の本来の業務とは関係ない業務ですが、必ず行わなければならない手続きです。社会保険労務士に依頼することにより複雑で面倒な手続きから開放され本来の業務に専念することができます。

5. 会社の様々なリスクを回避、軽減できる

会社を経営していると様々なトラブルが生じてきます。労働問題、労災、人事問題など・・・トラブルが起きる前に事前に相談することによってリスクを回避することができます。またトラブルが起きた場合でも速やかにトラブルを解決することができます。