是正勧告対策(労働基準監督署対策)

労働基準監督官は、労働基準法や労働安全衛生法などの法令違反ががあるかどうかを調べるために会社への立ち入り調査をする権限(臨検)があります。

 臨検の結果、法令違反のおそれがある場合には指導票、法令違反があると判断された場合には是正勧告書が交付されます。 是正勧告書は期日までに提出する必要があります。もし是正勧告に応じずにそのままにしておけば送検されるおそれがあります。

 もし是正勧告があった場合は慌てずに労働基準監督署に是正する意思があることを見せてください。書類を改竄したり隠したりしないようにしてください。労働基準監督官もその点は見抜いてきます。 是正勧告書が交付されても自分のところの会社は関係ないと無視をしてしまうと最悪の場合には書類送検されてしまいます。また新聞やテレビに取り上げられてしまい会社の社会的信用が失墜するおそれもあります。

是正勧告を受けた場合にはまた是正勧告を受けないように労務管理のしっかりした会社にするように努力します。労務管理のしっかりした会社は労働者が安心して働けるようになり会社の士気も高まります。