就業規則の作成

就業規則診断

最近、ニュースやネットで会社と労働者との間でトラブルが起きているというのを目にしたり耳にしたりしたことはないでしょうか?
昔は会社と労働者とのトラブルが生じた場合は労働者が泣き寝入りの状態でした。
しかし現在は、労働基準監督署に駆け込んだり、誰でも入れる労働組合(ユニオン)に加入したりして会社に対抗をしてくるようになりました。
中には会社と労働者だけでは解決がつかず裁判沙汰になることも少なくなりません。

トラブルが発生した場合に会社を守ってくれるのが就業規則です。

就業規則は会社を守ってくれる唯一のものです。労働基準法は、労働者を守るために作られた法律であるため会社を守ってくれるものではありません。就業規則は、経営者の経営方針や経営目標など経営者の意向を汲み取った会社のルールブックのようなものであるため就業規則をしっかりと整備していれば会社から無用なトラブルを防止してくれるものとなります。

市販のマニュアルを参考にして作成した就業規則、ネットからダウンロードしてきた就業規則などこのような就業規則はモデル就業規則と呼ばれるもので、会社の業種や規模を考慮に入れたものではなく、また会社を守るという観点で作られたものでないため就業規則によって会社から労働トラブルを未然に防ぐことはできません。
モデル就業規則の中には労働者にとって有利に書かれている条文もあるためかえって会社が不利になることもありえます。

就業規則はこのように会社にとって重要なものなのです。
しかし就業規則を重要なものだとは思っていない会社が多いのが現状です。

うちの会社は労働トラブルのない会社だから就業規則なんて作る必要はないと思っている会社も多いと思います。しかし下の図をご覧ください。
(労働相談件数 愛媛労働局より引用)
95094c39
労働相談件数は毎年増えていっています。一度労働トラブルが発生するとそれを解決するために多くの時間と費用がかかるようになります。労働トラブルはいつ会社に起きてもおかしくない状態なのです。
就業規則が労働者とのトラブルを未然に防ぎ、仮にトラブルが発生したとしても会社を守ってくれる就業規則であるかどうか一度診断してみてはどうでしょうか?
このような会社は一度就業規則の診断をすることをお勧めいたします。

    就業規則は、本屋で売っている市販のマニュアル本を参考にして作成した。
    就業規則は、ネットからダウンロードしたモデル就業規則を参考にして作成した。
    就業規則は、社会保険労務士以外の人(税理士など)に依頼して作成した。
    就業規則は、親会社の就業規則を参考にして作成した。
    就業規則は、いつ変更したのか分らない。

当事務所では、就業規則の診断を行っています。
就業規則の作成、変更を何件も手掛けている社会保険労務士が就業規則が法律に違反していないかどうか、現在の法律に適合しているかどうか、会社にトラブルが起きた場合に会社を守ってくれるかどうかという観点から条文を1条ごとに診断を行います。

そしてどのような問題点があり、どのように改善していけばいいのかアドバイスを行います。