怒らない経営

事務員さんを雇うにあたって決めたことが一つあります。

何があっても怒らない

怒りというのは相手だけでなく自分も怒りのエネルギーで傷がつきます。怒られた相手はまた怒られるのではないかと萎縮し思ったように仕事ができません。

事務員さんがミスをしたら自分がミスをしないように指導できなかったのが悪かったと自分が謝ります。

すると事務員さんは次はミスらないように考えて行動するようになります。事務員さんは好きでミスをしたわけではありません。ミスするには原因があります。

仕事を任せる以上は自分が全責任をもたなければなりません。採用した人は誰ですか?
自分がその人ならこの事務所できちんと働いてくれると思って採用したのだから責任はもたないといけないです。