月197時間残業も…運送会社「大宝運輸」で違法残業 全国初の社名公表 名古屋

 人手不足が申告になっている運送業界。名古屋の会社が運転手に違法な残業をさせたとして、全国初の社名公表です。

  名古屋市中区に本社がある「大宝運輸」は、複数のトラック運転手に違法な長時間の残業をさせていたとして、4日、愛知労働局から指導を受けました。

  労働局の調査で全体の2割を超える84人の運転手についていわゆる「過労死ライン」とされる月80時間を超える残業が確認され、最も長いケースでは残業が月約197時間に上っていました。

  大宝運輸は4日午後5時から会見を開き、「去年から取引先を減らすなど長時間労働の改善を進めたが、手取りが減ったことで会社をやめてしまう運転手が増え、人手不足が続いている」などと説明しました。

  厚労省は電通社員の過労自殺問題を受けて、今年1月から違法な残業があった企業の公表基準を拡大していて、新しい基準が適用されたのは全国で初めてです。
(ヤフーニュースより引用)

全国で初めて違法な労働時間での会社名公表になりました。
電通の過労死を受けて労務管理が厳しい時代になってきました。

うちは残業代を払ったらやっていけない、どこもやっている・・・そんなことを言っている社長さんもいます。

違法な会社は今後淘汰されて労務管理のしっかりした会社しか残れないと思います。
もっと労務管理に目を向けて会社経営してもらいたいです。