雇用保険法等の一部を改正する法律案の概要

社労士の勉強会で資料をもらってきました。

そこには雇用保険法等の一部を改正する法律案の概要というのがありました。

雇用保険法等の一部を改正する法律案の概要

原価の厳しい失業情勢を踏まえ、非正規労働者に対するセーフティネット機能および離職者に対する再就職支援機能の強化を重点に、所要の法改正を行う
(◎がついているところは3年間の暫定措置)
1.非正規労働者に対するセーフティネットの機能の強化
労働契約が更新されなかったため離職した有期契約労働者について、

○ 受給資格要件を緩和:被保険者期間 12ヶ月→6ヶ月(解雇等の離職者と同様の扱い)
◎ 受給日数を解雇等による離職者並に充実

○ 雇用保険の適用基準である「1年以上雇用見込み」を「6ヶ月以上雇用見込み」に緩和し、適用範囲を拡大

2.再就職が困難な場合の支援強化
◎ 解雇や労働契約が更新されなかったことによる離職者について、年齢や地域を踏まえ、特に再就職が困難な場合に、給付日数を60日分延長

3.安定した再就職へのインセンティブ強化

◎ 早期に再就職した場合に支給される「再就職手当」の支給要件緩和・給付率の引き上げ(給付率について30%→40%また50%)

◎ 就職困難者(障害者等)が安定した職業に就いた場合に支給される「常用就職支度手当」について対象範囲を拡大(年長フリーター層を追加)・給付率の引き上げ(30%→40%)

4.育児休業給付の見直し
○ 平成22年3月末までに給付率を引き上げている暫定措置(40%→50%)を当分の間延長
○ 休業中と復帰後に分けて支給している給付を統合し、全額を休業期間中に支給

5.雇用保険料率の引き下げ
失業等給付に係わる雇用保険料率(労使折半)を平成21年度に限り、0.4%引き下げ(1.2%→0.8%)