精神障害者雇用安定奨励金

精神障害者雇用安定奨励金とは精神障害者の雇用を促進し職場定着を図るため、精神障害者の雇入れや休職者の職場復帰にあたり、精神障害者が働きやすい職場づくりを行った事業主に対する助成金です。
1 精神障害者支援専門活用奨励金
精神障害者を雇い入れ、その前後6ヶ月に精神保健福祉士等の精神障害者支援専門家を雇い入れる又は委嘱する場合に、精神障害者支援専門家の賃金又は委嘱費用の一部を奨励金として支給するものです。
具体的には、精神障害者の新規雇入れに際し、専門家に仕事の指導やアドバイスをしてほしい場合などに利用できます。

精神障害者支援専門活用奨励金の主な要件
(1) 精神障害者支援専門家を雇い入れるまたは委嘱し、精神障害者の雇用管理に係る業務を行わせること。
(2) 精神障害者支援専門家の雇入れ日または委嘱日の前後6ヶ月間に精神障害者を雇い入れること
精神障害者支援専門活用奨励金の支給額
精神障害者支援専門家の雇入れ1人あたり最高180万円
精神障害者支援専門家の委嘱1回あたり1万円(年24万円を上限)
2 社内精神障害者支援専門家養成奨励金
労働者に精神保健福祉士等の養成課程を履修させ、この労働者に新たに雇い入れた精神障害者の支援に関する業務を行わせた場合に、履修に要した費用の一部を奨励金として支給するものです。
具体的には、精神障害者の新規雇用に際し、人事担当者等に精神障害者支援に関する専門的知識を身につけさせたい場合などに利用できます。
社内精神障害者支援専門家養成奨励金の主な要件
(1) 3年以上雇用している労働者に精神保健福祉士等の養成課程を履修させ、新たに雇い入れた精神障害者の支援に関する業務を行わせること。
(2) 養成課程の修了日の前後6ヶ月間に精神障害者を雇い入れること。
社内精神障害者支援専門家養成奨励金の支給額
課程の履修に要した費用の2/3(上限50万円)

3 社内理解促進奨励金
精神障害者の雇入れ又は休職者の職場復帰を行うとともに、同じ職場の労働者に精神障害者の支援に関する講習を受講させた場合に、当該講習に要した費用の一部を奨励金として支給するものです。
具体的には、精神障害者の雇入れやうつ病等休職者の職場復帰に備え、労働者に精神障害についての理解をしてもらいたい場合などに利用できます。
社内理解促進奨励金の主な要件
(1) 新たに雇い入れた精神障害者又は職場復帰した休職者と同じ職場の労働者に精神障害者の支援に関する講習を受講させること。
(2) 精神障害者の支援に関する講習の開始日の前後6ヶ月間に精神障害者を雇い入れるか、または休職者を職場復帰させること。
社内理解促進奨励金の支給額
講習1回につき、要した費用の1/2(5万円を上限)
(1年間を上限とし、1年間の講習回数は5回を上限とします。)
4 ピアサポート体制整備奨励金
精神障害者の雇入れ又は休職者の職場復帰を行うとともに、社内の精神障害者に、雇い入れた精神障害者や職場復帰した休職者の雇用管理に関する業務の担当として配置した場合に奨励金を支給するものです。
具体的には、精神障害者の雇用するためにどのような配慮が必要か、社内の精神障害者からアドバイスをしてほしい場合や、休職者を職場復帰させ安定した業務が行えるよう、既に職場復帰している者に相談にのってほしい場合などに利用できます。
ピアサポート体制整備奨励金の主な要件
(1) 社内の精神障害者を、雇い入れた精神障害者又は職場復帰した休職者の雇用管理に関する業務の担当として配置すること。
(2) 社内の精神障害者の配置日の前後6ヶ月間に精神障害者を雇い入れるか、または休職者を職場復帰させること。
ピアサポート体制整備奨励金の支給額
配置した社内の精神障害者1人あたり25万円