社会保険労務士賠償責任保険

最近顧問先の数が増えてきたので社会保険労務士賠償責任保険に加入しようと思っています。
賠償責任保険は業務を委嘱した顧客または第三者に与えた財産上の損害につき、日本国内において保険期間中に損害賠償請求を定期された場合において、社会保険労務士が法律上の損害賠償を負担したことによって被る損害を填補限度額の範囲内で補償するものです。
簡単にいえば社労士が起こしたミスに対して損害賠償された額の範囲内で保険金を出してくれるというものです。

現在この保険に加入している社労士は約1万人です。
私の場合は助成金をメインにしているため助成金の額がでかければそれだけリスクを伴います。助成金の業務をする前には確実にもらえるものではないと説明はしているのですがお客様にとってはもうもらったものと考えていると思います。
助成金の申請期間の遅れなどにより助成金がもらえない場合にはその分の請求がくる場合があります。
そのためにはこの保険に入っておいてリスクを回避しなければなりません。
それが自分のためであるし反対にお客様のためでもあります。
これから加入の申し込みをしたいと思います
(・∀・)