松山市で断水決定

松山市は9日、4月以降の少雨で地下水の水位が極端に低いため、12日夜から夜間7時間の断水に踏み切ることを決めた。
隣接する砥部町も11日夜から断水する。県内での断水は、1994年の大渇水以来、15年ぶり。
対象は、松山市の一部地域を除く21万3000世帯と砥部町の8200世帯の上水道で、午後11時~翌日午前6時まで。
市によると9日現在、地下水位は平年より約3メートル低く、地上から6・24メートルと過去最低。
ダムの貯水率は約80%だが、田植えなど農業用水の需要が増える時期のため、断水を決めた。
4、5月の市内の降水量は計92ミリと平年の約38%で、6月は3ミリしか降っていない。
松山地方気象台の予報では、市周辺では10~11日に雨が降るが、回復には至らない見通し。
市では、5月22日から減圧給水を開始。学校や市営施設のプールの使用も中止した。
井戸水から取水ができなくなる例も相次いでいる。
(日刊スポーツより引用)

松山市では12日から夜間断水が始まります。

断水といえば15年前の大渇水のときを思い出します。

あのときはポリバケツにたくさん水をくんで渇水がおさまるまで耐えていました。

今は松山市では雨が降っていますが恵みの雨とはならないようです。
あの苦しい大渇水の経験をもう一度やれといったらこれは厳しいですね。

梅雨でどれだけ石手川ダムの水位が回復するか気になります。