指紋認証での勤怠管理

こんにちは(・∀・)
先日お客様から時間管理をしっかりしたいということで紙のタイムカードよりもネットを使った勤怠管理の方がいいですよとご提案しました。

そのときにカードによる勤怠管理と指紋認証での勤怠管理があったのですが指紋認証による勤怠管理にしました。
指紋認証とは文字通りタイムカードの代わりに指紋を使って認証する勤怠管理です。
この読み取り機械を使って指紋認証させます。
みかんの国愛媛で働く社労士岩本浩一
この指紋認証のいいところはなりすましが防止できるということです。
紙のタイムカードなら誰かに頼んで押しておいてとなりすましができます。
しかし同じ指紋の人はいないためなりすましを防止できます。
また指紋認証をしてネット上で就業管理をするのですがリアルタイムで従業員がいつ出勤して退勤したのか何時間残業して何時間深夜の勤務があったのか勤務状況をリアルタイムで把握できます
そうなるとタイムカードの集計もいらなくなるで便利です。
勤怠管理というのは本来の業務とは関係ないものなのでできるだけ時間をかけずに管理できるのが一番です。
お客様にはもっと楽をしてもらって本来の業務に専念してもらうのが私たち社会保険労務士の役目だと思っています。
色々とお客様に提案できるように頑張りますよ(・∀・)