専門家は専門家にお任せ

社労士の仕事は社会保険労働保険の加入手続きから入り他にも助成金申請や給与計算、年金の請求手続きなど多くあります。
私が得意なものは助成金です。
助成金は毎週何かしらの助成金の申請をしているためどうすれば助成金を早くもらうことができるのかやり方ひとつで助成金の額も変わってくるなど色々とノウハウも溜まってきています。
しかし年金については苦手です。
社労士を目指したきっかけは年金だったのですが年金はとても奥が深く専門でやっていないとなかなか難しいのです。
特に障害年金に関しては数をこなしていないと申請するのが困難です。
そこで最近はその道のプロにお任せして私はそのお手伝いをするという感じで動いた方がいいのではないのかと思い他の社労士の方とタッグを組んで仕事をさせてもらっています。
やはり専門家は専門家にお任せするのが一番です。