呉・松山フェリーが廃止

広島県呉市と松山市を結ぶ「呉・松山フェリー」(本社・呉市)は25日、同航路を6月末で廃止し、
会社を清算すると発表した。
同フェリーは1964年に開業したが、本州と四国を結ぶ「しまなみ海道」の開通などで経営が悪化。
ETC(ノンストップ自動料金収受システム)の特別割引が追い打ちをかけ、今年4月の乗用車利用台数は、
昨年同期の半分の約1640台に落ち込んでいた。国土交通省によると、ETC割引が原因でフェリー航路が
廃止されるのは初めて。
(読売新聞より引用)

広島県の呉市と松山市を結ぶ呉・松山フェリーの廃止が決まったそうです。
松山と広島はフェリーで3時間、高速艇で1時間ちょっとで到着するのでよく利用していました。
いいものができるとそれに恩恵を受ける反面、恩恵を受けるどころかマイナスになってしまう場合があります。
まさに呉・松山フェリーはETC割引の追い打ちをかけたということになります。
ちょっと悲しくなっちゃいますね。