卒業後3年以内の既卒者を採用した事業主への奨励金の対象者拡大

厚生労働省が応援している新卒者就職実現プロジェクト事業(3年以内既卒者(新卒扱い)採用拡大奨励金、3年以内既卒者トライアル雇用奨励金、既卒者育成支援奨励金)について対象者が拡充されることになりました。
対象者
 学校を卒業後3年以内の人に加えて、今春卒業予定で就職先が決まっていない学生を正規雇用する事業主に拡大。
 ※ 平成23年2月1日から実施。平成22年度限りの措置


奨励金の内容

 ○「3年以内既卒者トライアル雇用奨励金」
 まずは有期雇用(3ヶ月)し、その後、正規雇用に移行する場合:
 有期雇用期間(3ヶ月)は1人について月10万円、
 その後の正規雇用から3ヶ月後に1人について50万円
 ※ 高校生・大学生などが対象

 
○「既卒者育成支援奨励金」
 まずは有期雇用(6ヶ月)して育成し、その後、正規雇用に移行する場合:
 有期雇用期間(6ヶ月)は1人について月10万円、
 そのうち座学等に要する経費(3ヶ月)は1人について月5万円(上限)、
 その後の正規雇用から3ヶ月後に1人について50万円
 ※ 高校生・大学生などが対象

 
○「3年以内既卒者(新卒扱い)採用拡大奨励金」
 正規雇用する場合:正規雇用から6ヶ月後に100万円(1社1回に限る)
 ※ 大学生などが対象