半休制度 その2

前回半休制度について書いたので今回も半休制度について書いていきます。

半休制度は午前に半休を使って午後から仕事をする場合と午前に仕事をして午後から半休を使う場合があります。

半休制度を実際に利用するためには就業規則にちゃんと規定をしておかないとトラブルのもとになります。

たとえば、半休制度を利用した場合に残業をした場合はどうなるでしょうか?
半休制度を作ったA会社の労働時間は午前9時から午後6時、所定労働時間が8時間です。Bさんが半休制度を使って午前休んで午後から仕事を始めたとします。ちょうどその日は忙しくて午後7時まで働いてもらいました。

この場合に問題となるのは25%の残業手当が発生するのかということです。
以前もらった資料にはそのことも書かれていました。

この場合残業手当は発生するでしょうか?


実はこの場合には残業手当は必要ありません。

この例を単純に考えると労働時間は9時間で、1時間の残業手当を払わなければならないと思ってしまいます。つまり半休制度の4時間+通常の労働時間4時間に残業時間の1時間が発生したと考えるのが通常だと思います。

しかし実際にBさんが働いたのは5時間です。労働基準法によると残業手当の計算は実労働時間を基準にして考えるそうです。そのためBさんは5時間しか働いていないため残業手当は払わなくてもよくなります。ただし1時間余分に働いているのでその分の給与は払わなければなりません。

Bさんの1日の時給が1000円だとするとその1000円を払わなければならないということです。

労働基準法は労働者を守るための法律です。したがって、残業手当を払ってもかまいません。ただBさんには残業手当を払ってCさんには払わないと労働者によって支払基準を変えてしまうとトラブルになってしまうので統一的に決めるために就業規則に書いておく必要があります。