初恋の人からの手紙

初恋の人から手紙が届きました。

こうちゃん、ひさしぶり。
今でも彼女ができるたびに手鏡でスカートの中を覗いていますか?直接見るのでは満足できないこうちゃんをなつかしく思います。
泣きじゃくる私にこうちゃんが「好きだけど別れなくてはいけないときもある」などときれいごとを並べてお別れすることになったあの日から、もう20年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。
お手紙を書いたのは、とくに用事があるわけではないんです。ただふと思い出して懐かしかったので、思いつくままに手紙に書こうと思いました。ふふ。驚いたかな?
思い返してみると、あのころはこうちゃんはとても優しくて、大人びていたなぁと思います。私は素直になれなかったから、平気で「こうちゃんはどうせ胸さえ大きければいいんだよね!」なんて責めるようなことを言ったけど、こうちゃんは「そんなことはないよ。カラダ全体が大事だよ」って優しく諭してくれたのを覚えています。少しヒドイと思ったけれど今でも心に響いています。
私にとっては8人目の彼氏でしたが、そういえばこうちゃんにとっては初恋の相手が私でしたよね。最初のころのこうちゃんはキスすら歯に当てる下手さでがっかりしたものですが、最終的には妙に自信をつけていましたね。勘違いとは恐ろしいものです。
まだ付き合い始めたころ、こうちゃんは気分が盛り上がって「いつか必ず結婚しような」って言っていましたよね。私は適当にごまかしましたが、嬉しそうなこうちゃんの顔を忘れません。今思えば完全に詐欺ですけど、今でもみんなにそう言っていますか?
こうちゃんと付き合えて本当によかったなぁと思うところは、「恋愛をしないほうが楽なときもある」ということを学べたことです。こうちゃんと別れた後、恋愛依存の私が「もうしばらくは恋はいいや」と思えたのは、とても大きいことです。ありがとう。
いろいろ書きましたが、私はこうちゃんが大好きでした。これからもこうちゃんらしさを大切に、あと自販機のおつり出口をいちいちチェックするのはもうやめて(笑)、いつか幸せになってください。
またいつか会いましょう。では。
P.S. こうちゃんが誕生日にくれた下着、そろそろ捨てていいですか?

これは「初恋の人からの手紙 」というサイトで簡単な質問に答えると自動的に作ってくれます。
色々と面白い手紙になっています。

でもこの手紙によると
手鏡でスカートの中をのぞく
誕生日に下着を贈るって

私って変態じゃないですかw