内定取り消した企業を公表

 厚生労働省は31日、企業から採用内定を取り消された今春卒業予定者が1845人(23日現在)と、前回調査(2月19日現在、1574人)から271人増えたと発表した。また、内定を取り消した企業として、電子部品製造の小松ライト製作所(大阪府吹田市)、システム開発のジー・イー・エヌ(北九州市)の2社を公表した。社名公表は今年1月に導入された制度で、今回が第一弾。
 取り消し件数は、全国のハローワークが確認したもの。内訳は大学などが1501人、高校が344人。取り消した企業(支社レベルなどを含む)は404社で62社増えた。
 一方、企業名公表は(1)事業活動の縮小を余儀なくされているとは明らかに認められない(2)同一年度内に10人以上を取り消し-など5項目のうち1つでも該当した場合が対象。小松ライト製作所は21人、ジー社は20人の内定を取り消した。
 今回公表されたのは、要件に該当することが確定した企業のみ。3月末の状況については、来月追加公表する。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090331-00000032-jij-pol

(時事通信より引用)

厚生労働省は、内定を消した企業として悪質だとして電子部品製造の小松ライト製作所、システム開発のジー・イー・エヌの2社を公表しました。
内定取り消しによる企業名公表の基準としては
(1)2年連続して内定取り消しを行った
(2)同一年度に10人以上の内定を取り消した
(3)事業規模の縮小を余儀なくされていると明らかに認められない
(4)取り消し理由について学生に十分な説明をしていない
(5)内定を取り消した学生に対し就職支援を十分に行っていない
この5項目のうち一つでも該当する場合に公表するようにしています。
この内定取り消した企業は、内定を取り消せばそれだけ人件費の負担は軽くなると思っていたのでしょう。しかし厚生労働省がネットより悪質企業だとして公表してしまったため、来年からの求人募集はかなり厳しくなるといえます。
この企業名を公表することによって少しでも内定取り消しが減ることを祈りたいです。