使わないともったいない助成金

この前に助成金って何 ということを書きました。

簡単に言うと助成金は返済不要の資金のことです。なぜ返済不要かというと会社が毎年支払っている雇用保険料を財源としているためです。
今回は使わないともったいない助成金の話を書きます。
助成金は実は使い道は自由なんです。

そういえば機械が古くなったから新しい機械を購入する資金にあてよう

これもOKです。

もっと人を雇うために広告費の費用にあてよう

これもOKです。

助成金はこのようにもらった場合には使い道は自由なので会社が好きなように使ってもかまいません。

また別の話をしましょう。

営業利益はどのようにして出るのかは経営者の方ならご存知でしょう。

営業利益=売上-(売上原価+販売費及び一般管理費)

販売費及び一般管理費とは会社の売上のためにかかった広告費、人件費、水道光熱費などの費用のことです。
会社の営業力を図る指標として営業利益率というのがあります。
営業利益率=営業利益÷売上
この営業利益率が高ければ高いほど会社の営業力が優れていることになります。
仮に助成金を10万円もらったとします。
助成金はもらうとそれは売上ではなくて利益(雑収入)となります。
つまり助成金はそのまま利益となるということです。
その10万円の助成金をもらった会社の営業利益率が10%だったとします。

会社からしたらたった10万円かと思うかもしれませんが・・・

10万円÷10%=100万円

助成金10万円が100万円の売上と一緒ということです。

利益率が5%の会社なら200万円の売上と一緒ということです。

100万円の売上を出そうとしたらどれくらい苦労するのかは会社の経営者の方ならお分かりになると思います。

助成金は返済不要の資金です。

利益としてそのままダイレクトに会社に入ってきます。

使わないともったいないと思いませんか?

ではどうしてほとんどの会社が助成金を使っていないのか・・・
それは次回に書いていきます。