中小企業雇用安定化奨励金と短時間労働者均衡待遇推進等助成金が統合

中小企業雇用安定化奨励金と短時間労働者均衡待遇推進等助成金が平成23年4月1日に統合して均衡待遇・正社員化推進奨励金という助成金になります。
宝石ブルー中小企業雇用安定化奨励金とは
有期契約労働者の雇用管理の改善を図るため、労働協約または就業規則により、
(1)正社員転換制度
(2)正社員と共通の処遇制度
(3)正社員と共通の教育訓練制度
のいずれかを導入し、実際に労働者に適用した中小企業事業主に対して支給される奨励金です。

宝石ブルー短時間労働者均衡待遇推進等助成金
パートタイマーの待遇を正社員と均衡のとれたものにするため、労働協約または就業規則により、正社員と共通の評価・資格制度、正社員への転換制度などを導入し、実際に制度の利用者が出た事業主に対して支給される助成金です。以下の支給対象メニューがあります。
(1)正社員と共通の評価・資格制度
(2)パートタイマーの能力・職務に応じた評価・資格制度
(3)正社員への転換制度
(4)教育訓練制度
(5)健康診断制度
(6)短時間正社員制度(短時間正社員制度導入促進等助成金)

それに伴い中小企業雇用安定化奨励金と短時間労働者均衡待遇推進等助成金は廃止になります。
ただし移行期間における経過措置が設けられています。
宝石ブルー中小企業雇用安定化奨励金
平成23年3月31日までに支給要件を満たした(※)中小企業事業主
都道府県労働局職業安定部またはハローワークに申請してください。
(各都道府県によって申請窓口が異なります。)
(※)「支給要件を満たした」とは・・・
 1正社員転換制度奨励金 :平成23年3月31日までに正社員転換制度を導入し、正社員に転換した場合
 2共通処遇制度奨励金 :平成23年3月31日までに正社員と共通の処遇制度を導入し、適用した場合
 3共通教育訓練制度奨励金 :平成23年3月31日までに正社員と共通の教育訓練制度を導入し、3割以上が教育訓練を修了した場合
宝石ブルー短時間労働者均衡待遇推進等助成金

平成23年3月31日までに支給要件を満たした(※)事業主
(財)21世紀職業財団地方事務所に申請してください。
○受付期間 平成23年9月30日(金)まで
 2回目の支給申請を含め、支給申請が可能になり次第速やかに申請をお願いします。
 (平成23年10月1日以降は、都道府県労働局雇用均等室が受付窓口となります。)

(※)「支給要件を満たした」とは・・・
 1正社員と共通の評価・資格制度 :平成23年3月31日までに正社員と共通の評価・資格制度を導入し、適用した場合
 2パートタイマーの能力・職務に応じた評価・資格制度:平成23年3月31日までにパートタイマーの能力・職務に応じた評価・資格制度を導入し、適用した場合
 3正社員への転換制度 :平成23年3月31日までに正社員転換制度を導入し、正社員に転換した場合
 4教育訓練制度 :平成23年3月31日までに教育訓練制度を導入し、延べ30人以上に実施した場合
 5健康診断制度 :平成23年3月31日までに健康診断制度を導入し、延べ4人以上に実施した場合
 6短時間正社員制度(短時間正社員制度導入促進等助成金) :平成23年3月31日までに短時間正社員制度を導入し、適用した場合
均衡待遇・正社員化推進奨励金についての情報については次の記事で書いていきます。