リストラなしの年輪経営

今日の仕事は助成金のことだけだったので終了しました。
助成金の申請の帰りに紀伊国屋に寄ってこんな本を見つけました。

リストラなしの「年輪経営」/塚越寛
¥1,470
Amazon.co.jp
リストラなしの「年輪経営」という本です。
これは以前に買った「日本で一番大切にしたい会社」に登場した長野の寒天メーカーである伊那食品工業株式会社の代表取締役である塚越さんが書いた本です。
塚越社長は経営とは「社員を幸せにするような会社を作りそれを通じて社会に貢献すること」と述べています。
会社はとかく売上至上主義で社員のことを蔑ろにしているところが多いと思います。そのため社員は無理をして疲弊しうつ病になったりして結果として会社にとってはマイナスのことをしていることになります。
この本では本来会社とはこうあるべきであるということが書かれています。
今の不況の中で乗り切りためにはいい社員を何名会社にいるかにかかっています。社員のことを大切に思えばその社員は自分のことを認めてくれていると思い会社のために働いてくれます。
もし経営に行き詰っている社長には是非とも読んでもらいたいですね。