メール顧問始めました

最近メールでの相談が多くなりました。

社会保険労務士の顧問契約の中には社会保険や労働保険の書類作成や書類提出代行があります。会社内でこのような業務を行っているところでは顧問契約は割高に感じると思います。

そこでメール顧問を設けることにしました。

相談業務をメールだけに限定することによって訪問する時間が節約できるため通常の顧問契約よりも安くサービスを提供することができます。

ただこのメール顧問の最大の弱点といえば証拠が残るということです。
メールは文字だけなので感情が入っていないためすべて文字の上だけで判断しなければなりません。そのため会社とうまく疎通ができていなければ誤解を生じる可能性があります。
記録が残っているためトラブルが発生した場合にはその証拠により自分が不利な立場に置かれるという可能性もあります。

まだ実験段階のサービスなのでどうなるか分かりませんが様子を見てみたいと思います。ビジネスブログでは今そのページを作成なのでしばらくお待ちください。