一般拠出金について

一般拠出金って何?

一般拠出金とは石綿による健康被害の救済に関する法律により石綿(アスベスト)健康被害者の救済費用に充てるため、事業主に負担してもらうものです。

1 労災保険適用事業場の全事業主が対象となります
アスベストはすべての産業においてその基盤となる施設、設備、機材等に幅広く使用されてきました。そのため、健康被害者の救済にあたっては、アスベスト製造販売等を行ってきた事業主のみならず、すべての労災保険適用事業場の事業主に一般拠出金を負担してもらうことになっています。

2 労働保険料と併せて申告・納付します。
継続事業における一般拠出金は平成19年度の労働保険料の年度更新より申告・納付してもらうことになります。
平成19年4月1日以降、事業を終了もしくは廃止した場合にも労働保険料の申告に合わせて申告・納付することになります。
一般拠出金は概算納付の仕組みがないため、確定納付のみの手続きになります。そのため一般拠出金には延納(分割納付)はできません。

3 料率は1000分の0.05
業種を問わず、料率は一律1000分の0.05になります。労災保険のメリット対象事業場についても一般拠出金にはメリット制度の適用(割増、割引)はありません。

4 算定方法
一般拠出金の算定方法は下のようになります。

一般拠出金の額=事業主が平成18年に労働者に払った賃金総額(千円未満切捨て)×一般拠出金率(1000分の0.05)

年度更新料金
人数労働保険年度更新社会保険算定基礎
1人〜4人21,000円10,500円
5人〜9人31,500円21,000円
10人〜19人42,000円31,500円
20人〜39人52,500円42,000円
40人〜49人63,000円52,500円
50人以上別途相談別途相談


年度更新のトップページへ戻る

サービスのご案内

サービスのご案内

お得なサービス情報をお伝えします

料金のご案内

サービスに合わせた料金プランをお伝えします


◆対応地区◆
【愛媛県】
愛南町(南宇和郡)、伊方町(西宇和郡)、今治市、伊予市、内子町(喜多郡)、宇和島市、大洲市、上島町(越智郡)、鬼北町(北宇和郡)、久万高原町(上浮穴郡)、西条市、四国中央市、西予市、東温市、松前町(伊予郡)、松野町(北宇和郡)、松山市、砥部町(伊予郡)
【香川県】
綾川町(綾歌郡)、宇多津町(綾歌郡)、観音寺市、琴平町(仲多度郡)、坂出市、さぬき市、小豆島町(小豆郡)、善通寺市、高松市、多度津町(仲多度郡)、土庄町(小豆郡)、直島町(香川郡)、東かがわ市、丸亀市、まんのう町(仲多度郡)、三木町(木田郡)、三豊市
【高知県】
安芸市、いの町(吾川郡)、馬路村(安芸郡)、大川村(土佐郡)、大月町(幡多郡)、大豊町(長岡郡)、越知町(高岡郡)、香美市、北川村(安芸郡)、黒潮町(幡多郡)、芸西村(安芸郡)、高知市、香南市、佐川町(高岡郡)、四万十市、四万十町(高岡郡)、宿毛市、須崎市、田野町(安芸郡)、津野町(高岡郡)、東洋町(安芸郡)、土佐市、土佐清水市、土佐町(土佐郡)、中土佐町(高岡郡)、奈半利町(安芸郡)、南国市、仁淀川町(吾川郡)、春野町(吾川郡)、日高村(高岡郡)、三原村(幡多郡)、室戸市本山町(長岡郡)、安田町(安芸郡)、梼原町(高岡郡)
【徳島県】
藍住町(板野郡)、阿南市、阿波市、石井町(名西郡)、板野町(板野郡)、海陽町(海部郡)、勝浦町(勝浦郡)、上板町(板野郡)、上勝町(勝浦郡)、神山町(名西郡)、北島町(板野郡)、小松島市、佐那河内村(名東郡)、つるぎ町(美馬郡)、徳島市、那賀町(那賀郡)、鳴門市、東みよし町(三好郡)、松茂町(板野郡)、美波町(海部郡)、美馬市、三好市、牟岐町(海部郡)、吉野川市